たこさん日記 たこまるのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 劇場版 名探偵コナン 紺碧の棺(ジョリー・ロジャー)

<<   作成日時 : 2007/05/17 00:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年も、映画館で見るコナンの映画です。

今回のお話は、南の島が舞台。
財宝が眠ると言われる島で起る事件。
偶然、その島に遊びに来た、コナンたちが事件と遭遇する。



ここから、ネタバレあり


・思わずツッコミそうになったこと


蘭ちゃん・・・そこまで、新一とコナンが似てるって感じたのなら

気づこうよ〜〜〜(^^;;;

すごくいいシーンなんですよ。。。
蘭がコナンの姿と、新一の姿をダブらせていて、
一瞬、音楽も止まって・・・・
普通は気づくんだけどな。。。
でも、気づいたらお話終わっちゃうもんね(^^;



・かっこいいシーン


コナンが、船の鎖を蹴り上げるシーン
さすがは、エースストライカーの工藤新一!!!
って感じでした。

冒頭の佐藤刑事のドライブテクニック!
あんな女性刑事に追われてる犯人が・・・
正直かわいそうです。。。
ってか、高木刑事頑張れよ・・・
佐藤さんの憧れがルパンだったって・・・

蘭ちゃんの空手!
彼女の強さには頭が下がります。
でも、今回は園子もかっこよかったよ。



・いいシーン


蘭が、コナンにエアーボンベをくわえさせていたところ。
って、コナンが平気だよって言っても、
蘭ちゃんにはお見通しなんだよ!
って思ってしまいましたが、、、
でも、いいシーンでしたよ。

蘭と園子が犯人に向かっていくところ。
特に園子がひるむことなく犯人に向かっていくなんて、
いざとなれば強い女の子だと思いました。


美馬が、壊れた船を見て言ったセリフ
なかなかシブいこと言うな〜〜って感じでした。

美馬という老人の語り口調が独特で、
誰が声を担当しているのかなって思ってたら、
俳優の穂積隆信さんでした。
(私の世代で言うと、『積み木くずし』の原作者さんで有名になった方)


劇場版の楽しみは、犯人の謎解きと、
危険をどうやって回避するか、、、
今回は、蘭ちゃんの判断がすべてでしたね。

300年前の船が海上に浮んで、
そして壊れてしまう。。。
なかなかはかないな〜って感じでした。



名探偵コナンを好きになって、もう10年近く経ちます。

名探偵コナンの音楽は、『太陽にほえろ』を手がけていた、大野克夫さん。         
脚本は、『あぶない刑事』を手がけていた、柏原寛司さん。

と、私が学生時代に大好きだったドラマを担当していた方々が
手がけていて、音楽も馴染みやすく、話もおもしろくで。。。
アニメなんですが、とても魅力的に思えてしまいます。
(もちろん、原作コミックがおもしろいっていうのが1番ですが。)


私が、今までの作品の中で一番好きなのは、
京都の街を舞台にした、
『名探偵コナン 迷宮の十字路(クロスロード)』
身近な街が舞台なのと、服部平次(はあと)が出てくるので。。。



はい、一緒に見ていた某氏(←あえてこう表現します。)
映画が終わり、外に出て一言

コナンはつり橋からどうやって船に乗ったん?

はぁ???

コナンがつり橋にいてから、船に乗るまで、、、
30分くらいストーリー展開があったんですがね。。。

は・は・は。。。。。。寝てたのかよ〜〜(^^;;;(コナンちゃんのあきれた笑い風に)

まっ、朝一からの授業やったしね。
眠いのは仕方ないか。。。
お仕事ご苦労様です。

懲りずに来年も、コナンの映画に付き合ってくださいな!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
劇場版 名探偵コナン 紺碧の棺(ジョリー・ロジャー) たこさん日記 たこまるのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる